パワーユニット系

簡単に誰もが知っている・わりと簡単に出来るチューニングです。チューニングの入門編と言ったところでしょうか?

新鮮な空気を効率よく吸い、効率よく吐き出す。エンジンには重要な要素です。

そして吸・排気チューニングをするにあたっては、吸気と排気はセットで行う方が効率的です。

片方だけをやっても体感できる程のパワーUPは望めないと思います。

また、このチューニングで最も体感できるのが『音/サウンド』。吸気側にむき出しのエアークリーナーいわゆる「キノコ」を装着すれば吸気サウンドが、排気側なら排気サウンドが変わり、かなりスポーティーでレーシーなサウンドを体感できます。

(ただ、最近は騒音規制により音量の大きなマフラーは『悪』みたいになっていますので、レイブロス的にはそこが少し寂しい気もします。。。)

■レイブロス 吸・排気系ベストチョイスパーツ

・HKS スーパーパワーフローリローデッド&スーパーサウンドマスター

やはり吸・排気のチューニングにおいてはこのメーカーの組み合わせは鉄板です。

・トラスト サクションキット&パワーエクストリームシリーズマフラー

トラストのサクションキットや各種マフラーも定評があります。最近ではスイフトスポーツ&86/BRZにも心血を注いでいるメーカーさんです。

他にも純正のエアークリーナーボックスをそのままでフィルターだけを交換する純正交換タイプもございます。お客様のご要望に応じた商品を提案させて頂きます。

マフラーに関しても、時には既製品だけではないオリジナルのワン・オフマフラーの製作も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

 

 

HKS 3sx マフラー

静粛性確保と高出力対応の両立を実現。
「静粛性確保と高出力対応の両立」〜R35GT-Rに限らずスポーツマフラーを語る際、必ずと言っていいほど挙がるこのテーマ。
HKSではR35GT-Rのタービン交換仕様の車両にも対応すべく切り替えバルブを装備したシステムを開発。排気流量に応じて(3STAGE)流路を変えることで高出力に対応しつつ、どんな速度域・回転域でも心地よいサウンドを奏でます。

1st STAGE 低回転数時・・・静か!こもりを音低減

2nd STAGE 中高回転数時・・・快い排気音

3rd STAGE 高回転数字(高排気ガス流量時)※サーキット走行時・・・迫力のある排気音

前側にバルブ2つ、後側にもバルブ2つを設置し電動モーターにて作動。 電動モーターとバルブはコントロールケーブルで繋ぎ動力を伝え、電動モーターは専用コントローラにて制御します。 オートモードでは 回転数、車速により自動でバルブの開閉をおこない、低回転領域(1Stage)では全てのバルブ閉じて静粛性を重視。中高回転領域(2Stage)では後側バルブのみ開放し、心地よいサウンドと排気効率を両立。高回転・高負荷領域(3Stage)では全てのバルブを開放し排気管断面積を確保。高出力に対応します。 またマニュアルモードボタンを押すことでもすべてのバルブを開放することができます。

・全メーカー別リスト:http://www.hks-power.co.jp/product/exhaust/search_maker.html

HKS スーパーターボマフラー

低排圧と静粛性を融合させた技術の粋 「高次元のターボマフラー誕生」
ターボエンジンを知り尽くしたHKSが挑んだ【低排圧】【静音】【エンジンを活かす】という3つのテーマ。

「ノーマルからアップグレードタービン仕様のハイパワー車両まで対応可能」
「JASMA基準をクリアする街中での快適な静粛性」
「アクセルを踏み込むと搭載エンジンが持つ独特のサウンドを発生」
今ここに、待望の高次元マフラーが完成!

「ノーマルから600PSオーバーのハイパワー車両まで対応可能」

エキゾーストパイプはノーマルからアップグレードタービン仕様車に対応できるφ85ストレート構造を採用(触媒接続部はHKS触媒サイズに合わせてφ80)。メインシェル内、テールパイプ部にも絞りを入れないことでターボエンジンの命である低排圧化を実現すると共に、レイアウトも極力曲げを抑え排気効率を徹底的に追求しました。また、マフラーのパイプ径が太いと地上高は下がる傾向にありますが、レイアウト・フランジ位置を最適化することで純正同等の地上高を確保しました。

「JASMA基準をクリアする街中では快適な静粛性」

音造りはJASMA基準をクリアすることは勿論、実際の使用を想定し「街乗り」「アイドリング」「住宅地」「冷間始動時」「高速巡航」というそれぞれのステージと、その「車内の快適性」「近隣への配慮」という2つの環境を想定し操音しました。また音質もハイパワー対応マフラーにありがちな低音をコントロールする事で車室内に入ってくる「コモリ音」をカットし、音量数値以上にクリアで快適な仕様としました。
HKS独自の操音技術 スリットテール採用!!

テールに設けたインナースリット形状により消音効果があり、その形状はフクロウの羽からヒントを得ています。
羽音を立てず飛行する事ができるフクロウの羽は他の鳥類の羽とは違い羽の先がノコギリのようにギザギザとした形状をしており、そこから適度な空気を逃がすことにより空気の摩擦振動を抑え消音しています。それと同様にマフラーテール内部にスリットを設ける事により約2dBの消音効果を得ています。
また、車内・車外共に徹底した音量・周波数分析を実施。車内は会話を妨げない音量、車外では近隣にも配慮した音量とし、さらに、低周波を重点的に消音する事により、車内のコモリ音と車外への音の響きを抑えました。

・全メーカー別リスト:http://www.hks-power.co.jp/product/exhaust/search_maker.html

HKS スーパーサウンドマスター
アクセルを踏み込んだ瞬間から奏でる、これまでにない爽快な高周波スポーツサウンド。
パートナーとの会話が妨げにならないクルージング。近所の目が気にならないアイドリング。
ドライバーと心がリンクするマフラー。

HKSが「音」に対して導き出した答え。それは…

スポーツ走行を楽しむ時には、迫力があるスポーツサウンドを楽しみたい。
でも、ゆっくりドライブするときには、会話やカーオーディオも楽しみたい。
早朝や深夜のアイドリングでも、近所の目を気にしない静寂さが欲しい。
そんなオーナー様の思いを実現してくれるマフラー。
HKSが最先端のサウンドコントロール技術を投入し、「これまでに無い爽快かつ迫力の高周波サウンド」と「アイドリングや低負荷走行では静寂なスポーツサウンド」 を両立するマフラーを開発。

□自分好みのサウンドへTUNE UP!!

■STAGE 1

HKS製EXマニ(33002-AN001)+純正キャタライザー+SSM(保安基準対応)

もっと滑らかな高音を楽しむ。
排気脈動が大幅に改善され、音量も91dBにあがることにより、更に滑らかで深みがある音に変化。 

■STAGE 2

純正EXマニ+HKSキャタライザー(33005-AN003)+SSM(保安基準対応)

もっとメリハリのある音質を楽しむ。
排気効率が向上し音量は94dBに上昇。音質は若干割れたワイルドな音に変化。

■STAGE 3

HKS製EXマニ(33002-AN001)+HKSキャタライザー(33005-AN003)+SSM(保安基準非対応(近接排気騒音:98dBの為、公道使用不可)

クローズドで楽しむ大迫力レーシングサウンド。
排気効率が究極に高められることにより、GTマシンのようなレーシーな音に変化

・全メーカー別リスト:http://www.hks-power.co.jp/product/exhaust/search_maker.html

  1 2 3 4 5 6
ページの先頭へ
レイブロス レイズホイール・アルミホイール・タイヤ・チューニング
〒577-0006 東大阪市楠根1-8-8
TEL:06-6747-3451 FAX:06-6747-3452 MAIL:info@raybros.jp
Copyright © RayBROS. All Rights Reserved.